エルマイヤー・ダンススクールの歴史

エルマイヤー・ダンススクールは1919年にオーストリア・ハンガリー帝国軍の元騎兵士官であったヴィリー・エルマイヤー・フォン・ヴェステンブルッグにより、ウィーンの中心街にあるスペイン乗馬学校と王宮に隣接するパラビッチーニ宮殿の厩舎において創設されました。

一流へのこだわりとオーストリアの伝統を大切に守り続けてきた独自のポリシーが、当校の名声を歴史的なものとしました。エルマイヤー・ダンススクールは何十年も昔からウィーンで催される伝統ある名高い舞踏会のほとんどの開会式で指揮を務めてまいりました。また、ウィーンの青年たちは当校でダンスだけではなく、上品な立振舞と礼儀作法を集中的に学びます。エルマイヤー・ダンススクールの現オーナーであり、礼儀作法に関して5冊もの著作本を手がけたトーマス・シェ-ファー・エルマイヤーは、世界に通用するエチケットにおいてのヨーロッパのベンチマークだといえます。

私たちは世界中からの皆様のご来校を心よりお待ちしております。伝統ある当校では、ウィンナワルツを短期間で楽に、楽しんで学ぶことができます。エルマイヤー・ダンススクールでのウィンナワルツの学びの時は、貴方にとって忘れがたい体験となることでしょう。当校でのプライベートレッスンは(ご相談にもよりますが)基本的に毎日午前8時~夜10時まで受講可能となっております。

エチケットと現代の礼儀作法

本校エルマイヤーは90年以上の歴史を誇るダンススクールであり、三代に亘り、オーストリアをはじめヨーロッパそして世界において、オーストリアの伝統、礼儀作法、儀礼、マナーの代名詞的な存在となっております。本校では、オーストリア・ハンガリー帝国時代に根付いたエルマイヤー家の基本方針を忠実に取り入れ、ダンスレッスン、わが国の伝統ある舞踏会、慣習やしきたりなど、様々な分野に活かしております。

舞踏会の開催日やその他のスケジュールなど詳しいインフォメーションについては、ドイツ語版もしくは英語版のホームページをご覧下さい。