エルマイヤー舞踏会

エルマイヤー舞踏会のご案内

  • 日程: 2019年3月5日
  • 場所: 王宮(Hofburg)
  • 開演時間: 午後6時(開場は午後5時から)
  • 終了時間: 深夜12時
  • 入場料: 100ユーロ(割引料金 30ユーロ)
  • 女性の場合: イブニングドレス(ドレスの長さは自由)
  • 男性の場合: 燕尾服、タキシード、礼服、黒いスーツ (必ず白いワイシャツ、蝶ネクタイを着用)

夜6時に開かれる唯一のウィーン伝統舞踏会

ウィーンの王宮で催されるエルマイヤーの伝統舞踏会では毎年、お客様に世代を超えて楽しんでいただいています。数十年前からウィーンのカーニバルを真夜中に締めくくるのがエルマイヤー舞踏会の伝統です。エルマイヤー舞踏会では6時間に及ぶ舞踏会後、翌日の灰の水曜日(四旬節の初日)に通学なさる方、お仕事がある方や旅行者の方で観光を予定なさっている方などに差し支えのない早い時間に帰宅することができます(オペラ座舞踏会やウィーンフィル舞踏会の場合だと帰宅時間は午前4時になります)。

エルマイヤー舞踏会では比較的さわやかな気分で舞踏会を楽しんでいただけるようにしています。参加者には笑顔が絶えず、会場はゆったりとリラックスした明るい雰囲気に包まれています。

オープニングには200組もの参加者

毎年、舞踏会のオープニングセレモニーにおいてウィーンで最も多くのオープニングダンスのペアを誇るのは、ルドルフ・ぺシュケ指揮の夜6時に開かれるエルマイヤー舞踏会です。参加者の多くは秋からエルマイヤー・ダンススクールのヤングコースに通ってきた若者たちです。彼らはここで社交界デビューをする正真正銘の「デビュタント」です。フォーメーションダンスのペアや他の経験あるオープニングダンスのペアと共にポロネーズで入場行進をします。フォーメーションダンスのペアによるワルツショーの後は参加者全員が一緒になり、エルマイヤー・ダンススクールのコリオグラフィー(振付け)に基づくオープニングダンスを踊ります。開会の言葉の後は、参加者全員で左回りのワルツをお披露目します。そして、「ワルツをどうぞ!」(独:アレス・ヴァルツァ)の一言で、会場全員が踊り場に集まりダンスを始めます。

伝統的チャリティー活動

エルマイヤー家の伝統により、エルマイヤー舞踏会では1920年以来、ダンス会場の座席の予約料金により得る高額な寄付金が毎年、舞踏会のオープニングセレモニーでオーストリアの介護ホーム「慈愛の家」の代表責任者に贈られます。

午後11時からは楽しいカドリーユの時間

こうもりカドリーユの6回りは全てダンスホールで踊ります。引き続きアナウンスはトーマス・シェーファー・エルマイヤーが行います。軍楽サロンオーケストラと共に、ずっと踊っていたいと思わせるような楽しいひとときをご提供致します。

プログラム

  • 午後5時:開場
  • 午後6時:オープニング
  • 午後9時:ショータイム
  • 午後11時:カドリーユの踊り
  • 午後12時:カーニバル&舞踏会 終了

当校フォーメーションダンスグループによる夜9時からの輝かしいダンスショー

エルマイヤー舞踏会の特色が失われず、ここまで存続できたことは喜ばしいことです。当校の基本方針は「舞踏会にお招きするお客様こそが主人公である」となっています。

しかし、午後9時になると当校の生徒の内から選ばれたフォーメーションダンスのペアによる、忘れることのできない素晴らしいダンスの光景をお楽しみ頂くため、また、若く、モティベーションたっぷりの彼らのためにウィーンの王宮のダンスフロアもオープンします。全フォーメーションダンスのグループは丸一年に亘り、プロのトレーナーと練習を重ねてきました。ここでは、何より自然さが求められます。エルマイヤー舞踏会でのこのお披露目こそが、その一年の頂点だといえます。

2012年1月21日掲載 ※掲載内容に関する保証責任は負いかねます。